2014年2月25日火曜日

盃山(盃ヶ岳)に下見のため登りました・・・・

2月25日(火)天候はまぁまぁ・・・ 
  
  3月10日の【篠山で楽しく暮らしたい(隊)】の集いの日に登ろうと企画。
 
    その季節には「雲海」が素晴らしいと、先輩に聞いた。
      そのために一度登っておけば、各自がその季節に見に登ることができると考えた。
 



 
 
登山ルートで、遊歩道があり、帰りはこちらこら下りてこようと決めた。
神社のほうから、しかも敢えて右から登ることにした。
 
木に、ビニルが巻いてあり、道しるべと思い、きつい沢だったが頑張った。




だんだん、残雪が足元を惑わすようになった。


 
もうこれ以上、カメラを首にぶら下げておくのはダメだと、リュックにしまった。
木の杖で、ホンと雪の中を泳ぐように、這うように、急な沢を、足元が滑る怖さを感じながら登った。
 
一応尾根に上がって、右(この表現はおかしい、東)に行った。
山城の広場(??)に小さな祠があった。

 
西に移動してみた。


 
このまま下山すれば、ユニトピアにと表示があった。
 
先輩に電話。
どこから眺望できるのかと、尋ねたら、中腹に東屋があるのだと。。。

また元の広場に戻り、案内板を頼りに下山開始。
雪は全くなく、笹の中をゆっくりと・・・・


東屋に到着。見晴らしは樹木が整備されているので、枯れ木が二本ジャマだが・・・・
   
   PM2.5のせいで、かすんでいて高城山もはっきり見えない・・


 
とりあえず記念写真。



ここからの下山は、道が整備されていて、下りやすい。(登り易い)

     ただ、一段が多少高いかもと・・・・
         のぼりの雪の中でモガイたことを考えれば、ルンルン気分で・・・・


ため池の水がやたらと綺麗に見えた。

市民センターからの遠望。



0 件のコメント:

コメントを投稿